2006年03月31日

龍井

梅家塢と獅峰に同じく、毎日少しずつのお茶を「とっておいて」と頼みましたが、梅家塢は挫折しました。
原因は天気が一気に暑くなりまして、茶葉を作るだけでも、、毎日深夜の1時か2時までになりますので、余裕がなかったです。気がついたら、もうお茶を売ってしまいましたから、茶葉を取り戻す事ができなかったです。一応来年の約束をしてくれましたので、来年に期待しましょう。
でも、獅峰が今のところが大丈夫なので、後残りの6日間が失敗しなければ、初日摘みから4月5日までの茶葉の様子をはっきりする事が出来るということです。
今年で、自信を持ってお客様の皆まさに「龍井の第一段階」という宿題を提出する事が出来ると思います。
よろしくお願いいたします。

簡太郎杭州からの報告です。

投稿者 kan 2006年03月31日 02:39 | 茶葉産地を訪ねる日記