2006年06月27日

東方美人茶の製造法5・静青(静放) 1

CIMG5847.JPG


東方美人茶が浪青を終えて、このように静かに寝かせて本格的に醗酵を進む

茶葉を触ってみて暖かくなってくると醗酵を完成という事です。

投稿者 kan 02:08 | このページへ | 茶葉の一年

東方美人茶の製茶法4・浪青 1

CIMG5103.jpg


東方美人茶の製造は涼青の段階を終えて、ここから本格的の浪青にはいる

天候によって、涼青は半日から一日半くらいかかる。
浪青の段階に入ると、もう先が見える気持ちです。
もうじき、東方美人茶を飲める。
しっかり浪青を行えないと茶葉は柔らかくならないです。
柔らかくならないと適切の醗酵は行えないです。

投稿者 kan 01:53 | このページへ | コメント (2) | 茶葉の一年

東方美人茶の製造法3・揺青 1

CIMG5526.JPG

長い時間をかけて、茶葉を置きながら、混ぜながら、ゆっくり水分を減らしながら、醗酵を進みながらしてきました。
ここで、揺青(*)という動作を通して本格的に茶葉の細胞を壊して行きます。
(*強い動きによって茶葉がお互いにぶつけあい)

香りを立たせることが揺青の目的の一つです。
東方美人の場合は揺青の時間が比較的に短いです。

投稿者 kan 01:40 | このページへ | 茶葉の一年

東方美人茶の製造法2・涼青 6

CIMG5366.JPG


茶葉産地を訪ねる日記6月4日の浪青と「弱不禁風」の写真を参照して

東方美人茶は涼青と共に浪青も行いながら、茶葉の醗酵をさせる
途中、途中で「6月4日の浪青」の写真にのっているような様子を繰り返す。
そして、風に触れないように無風に近い状態で涼青を続ける。

投稿者 kan 01:38 | このページへ | 茶葉の一年

東方美人茶の製造法2・涼青 5

CIMG5288.jpg

東方美人茶が涼青するときに時間と共に変化する茶葉の様子

投稿者 kan 01:30 | このページへ | 茶葉の一年

東方美人茶の製造法2・涼青 4

CIMG5285.jpg


東方美人茶の茶葉の萎びる具合と茶葉色の変化

投稿者 kan 01:26 | このページへ | 茶葉の一年

東方美人茶の製造法2・涼青 3

CIMG5258.jpg

東方美人茶は涼青と共に醗酵もすこしずつ進行させる。
茶葉同士をぶつけさせることによって醗酵が進行する。

東方美人茶の全製茶工程は涼青という段階が一番時間をかけている。
時間とともに醗酵を進行している様子はこれから連続で写真をのせるから、その葉の萎びる具合と茶葉色の変化を観察すると東方美人茶の特有醗酵方法を理解できると思う。

投稿者 kan 01:02 | このページへ | コメント (1) | 茶葉の一年

2006年06月18日

東方美人茶の製茶法2・涼青 2

CIMG5838.JPG


東方美人茶の茶葉はザルの上のせて室内で干します。

茶葉は地面に触れる事はしません。
東方美人茶は烏龍茶の仲間ですが、茶葉摘みの条件がぜんぜん異なります。
なので、大ザバに製茶方が似っていますが、製茶行動のわけが違います。
今後烏龍茶の製茶法を比較してみます。
とりあえず今は簡単な落書きをしていきます。

投稿者 kan 05:36 | このページへ | 茶葉の一年

2006年06月17日

東方美人茶の製茶法2・涼青 1

CIMG5399.JPG


摘んだ帰って来た茶葉をすぐザルの上に広げます。

茶葉が含んでいる水分を蒸発させるためです。
水分の減少によって、枝から、葉脈を通して、栄養分を葉に輸送されます。

投稿者 kan 10:51 | このページへ | 茶葉の一年

2006年06月16日

東方美人茶の製茶法1・茶葉摘み 4

CIMG5432.JPG


摘んでかえて来たばかりの東方美人茶葉達です。
東方美人は基本的に5色と言われていますが、

東方美人は茶樹の上で、茶樹によって5色を揃えていますが、緑色を呈する茶樹も少なくないです。
もちろん、その年の天候にもよります。)
天候、茶畑位置、土壤、時期などの違いで、完全5色を見られるかどうか?実は疑問です。
寛容な目でみると、大体2〜4色くらいは数えられます。
厳しく見ていくとちょっと色見が足りないです。
5色を揃えると本当に美味しいですか?
各条件を出して茶葉を揃えて飲みくらべてみないと・・・
結果は案外かも。

投稿者 kan 12:10 | このページへ | 茶葉の一年

2006年06月15日

小緑葉蝉と東方美人茶葉の様々な関係

CIMG5182.jpg

この写真中の茶葉の新芽は、小緑葉蝉の被害を受けたと思いますか?

東方美人茶葉は中途半端に小緑葉蝉(ヨコバイ)の被害をうけたら、どうなるでしょうね。
この写真中の茶葉の新芽は芽のところが被害受けていないです。
だから、みずみずしく、綺麗な形を保っています。
そのすぐ下の葉は小緑葉蝉(ヨコバイ)の被害を受けています。
というと小緑葉蝉(ヨコバイ)の被害を受けた茶葉はそのまま成長を止まってしまう。
被害を受けていないその芽が成長し続けていきます。
そうなると、結果はどうなるでしょうね。

投稿者 kan 12:08 | このページへ | 茶葉の一年

東方美人茶の製茶法1・茶葉摘み 3

CIMG5896.JPG

茶畑の中で、茶葉の様々な様子
小緑葉蝉(ヨコバイ)の被害をうけた新芽と受けていない新芽の様子。

茶畑の中では実はいろいろの現象が起こります。

小緑蝉の量は畑の位置、時期にもよります。小緑葉蝉が5月にはいてから発生し始め、約6月の下旬までです。
所々によって小緑葉蝉が多かったり、少なかったりします。窪地或は湿度高く、蒸し暑いところが比較的に小緑葉蝉が発生しやすいところです。

その中で、いろいろの茶葉を全部摘まなければいけないです。
すべての条件を全部揃えて茶葉摘みをしようと思たら、作れる東方美人茶葉の量が限られるようになります。
だから、いろいろの状況の中で茶葉摘みが行っている事が分かれば、茶葉との付き合い方が柔軟性を持つ事が出来ます。
茶葉との付き合いがもっと幅広く、楽しくなります。

投稿者 kan 11:56 | このページへ | コメント (1) | 茶葉の一年

春がきた。茶葉摘みが開始

お茶は一年の間にいったいどう生活をしているでしょうか?
お茶と付合ってみたいと思います。

お茶と付合ってみたら、分かって来た事はすこしずつ記録していこうと思います。
「年々春自東南来、建渓先暖水微開」〜「新雷昨夜発何処、家家嬉笑穿雲去」《和章岷従事闘茶歌による》という事は春は東南からやって来ます。春がやって来る時、雷が鳴ると言う事が分かります。
何故春が東南からやってくるか?何故雷と共に茶葉摘みが始るか?これから春という女神の足跡を追いかけて各茶葉産地の「茶の暦」を綴りたいと考えています。シュウミのある方はご一緒はいかがですか?

以上の内容は私がこれから完成しようと思っている論文の一部或はラク書きと確認しようと思う部分をとりあえず書きますので、多少バラバラに感じますが、宜しくお願い致します。

簡太郎より

投稿者 kan 11:48 | このページへ | 茶葉の一年

東方美人茶の製茶法1・茶葉摘み 2

CIMG5908.JPG

茶の命とされる小緑葉蝉(ヨコバイ)の姿
茶葉のエキスを吸っているように感じますか?

約50枚の写真を撮って、この写真たけです。
私をほめてね。
この写真を基準にして、他の写真の説明を見るときに理解しやすいと思います。

私の原稿の方が大きく見えますが、「茶藉」の中では、ちょっとみつらいですが、だれかきたらやり直してもらいます。
すみません、コンピュータが苦手なので、・・・

投稿者 kan 11:29 | このページへ | 茶葉の一年

東方美人茶の製茶法1・茶葉摘み 1

CIMG5217.jpg


基本の一芯二葉

一芯二葉は東方美人茶が茶葉摘みするときの基本です。
年のよって、小緑葉蝉(ヨコバイ)がやってくるのは早かったり、遅かったりという状況があります。
その上、小緑葉蝉(ヨコバイ)の発生する数も多かったり、少なかったりという状況も、しばしばな事です。
小緑葉蝉(ヨコバイ)の発生が多い年は茶葉の被害率を比較的に均一的に出来ますが、今年みたいになかなか気温がなかなか上がらない年になると、なかなか虫も暮らし辛いです。
そうなると、小緑葉蝉(ヨコバイ)の被害が非均一になります。そうなると、東方美人茶の味変化も多くなります。
今年見たいの味変化多い東方美人が私も初めなので、わくわくしています。

投稿者 kan 11:08 | このページへ | 茶葉の一年

東方美人茶の製茶手順

春が来て、茶葉摘みが開始
つんてかえて来た茶葉はどんな手順に作られたでしょうか?

1.茶葉摘み
2.涼青
3.揺青
4.浪青
5.静放
6.炒青
7.回湿
8.包柔
9.解塊
10.(火共)乾
11.一次(火共)焙
12.二次(火共)焙
東方美人茶はこのような12個の手順を行っています。

投稿者 kan 10:58 | このページへ | 茶葉の一年

2006年06月14日

東方美人茶の命とされる小緑葉蝉と東方美人茶葉の関係

CIMG5158.jpg

一般論として、東方美人の茶葉は小緑葉蝉の被害をうけると成長が止まります。

適切に小緑葉蝉の被害を受ける東方美人茶の葉はそのまま成長が止まります。
被害をうけた茶葉は約一週間を通過しても、成長をしないままであれば、良い東方美人茶を作れる原材料と認定されています。
この写真上の一芯二葉の東方美人茶葉の芽の部分を見ると被害が軽く感じます。
適切の被害がなくれば、成長し続ける可能性があります。
この写真の一週間後が実は楽しみですが、残念ながら、今年が雨の連続で、十分な観察が出来ませんでした。
来年を期待しましょう。
三日間をかけて、写真を整理整頓をしました。
今日から東方美人の連続記事をする予定です。
店番をしながら、書くつもりなので、来客中になると、多少遅れると予想されます。
宜しくお願いします。

簡太郎が富ヶ谷からの報告です。

投稿者 kan 11:40 | このページへ | 茶葉の一年

2006年06月05日

東方美人茶の「茶の暦」・芒種

六月六日芒種の日です。
芒種の日が特に蒸し暑いです。
この日を境にして、あらゆる虫が大量に発生します。
「芒種の日」は虫君達のお正月と言えるかもしれません。(個人意見)

この日の前後になると小緑葉蝉が大量発生します。
一般論として、一番良い東方美人茶がこの日の前後にとれたお茶が一番珍重されています。
ところで、今年は雨が多すぎますので、どうなるでしょうね。
天気予報によりますと、これからの一週間はくもりと予測されていますが、明日はもう一度見に行く予定です。
製茶ウデを天候に挑戦され続けています。勝つつもりていますが、消費者にどう採点されるでしょうね。

投稿者 kan 11:46 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

2006年06月04日

東方美人茶は「弱不禁風」

CIMG5386.jpg

虫(小緑葉蝉)がなければ、東方美人にはなりません。
その上、「風」に弱いです。
東方美人茶の「制茶環境の条件」としての一つ、「無風状態」です。

小緑葉蝉の被害を受けると茶葉の成長が止まります。
被害を受けた後約5〜7日間は茶葉摘みの適切時期です。
それ以上の時間になると茶葉は枯れてしまうから、良いお茶を作れなくなります。
被害を受けて、「成長」を止まる茶葉は一般論の烏龍茶の茶葉とくらべると水分の含有量が比較的に少ないです。
風の中で枯れやすいため、なるべく風に触れないように保護します。

投稿者 kan 12:05 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

東方美人茶の製茶技法の一つ・浪青

CIMG5263.jpg

茶葉自身がお互いにぶつけ合うことによって発酵していきます。

投稿者 kan 03:15 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

2006年06月03日

東方美人茶は「茶葉不落地」

CIMG5405.jpg

東方美人茶の地方での製茶こだわり。

製茶法は各地方に異なります。
「茶葉不落地」というのは茶葉は絶対的に地面に触れないようにしています。
東方美人の地方が必ず、この基準を守っていますか?調査していないから、よくわからないですが、この農家の人はこのルールを徹底的に実行しています。
いかがですか、この農園の製茶環境をみると、この農園のご主人の思いが伝わるかしら。

投稿者 kan 11:34 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

東方美人茶の茶園

CIMG5206.jpg


小緑葉蝉が東方美人の引き金です。

小緑葉蝉がいきやすい為に自然環境の整えることが必要です。
科学的な産物の使用はいっさい禁じられています。
例えば、殺虫剤、除草剤などが禁物です。

投稿者 kan 11:02 | このページへ | コメント (1) | 茶葉産地を訪ねる日記

東方美人茶と言われる「五色」3

CIMG5449.jpg
茶樹から摘んだ直後の茶葉の状態です。
この中から、「五色」を探せてみませんか?

投稿者 kan 09:52 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

東方美人茶と言われる「五色」2

CIMG5175.jpg

茶樹上での「五色」

投稿者 kan 09:52 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

東方美人茶と言われる「五色」

CIMG5208.jpg


東方美人は五色が「特徴」といわれています。
その「五色」とはなにか?
写真ではっきり見えるでしょうか?
数えてみるといいかもしれません。

茶樹は品種によって茶葉の新芽或は若葉が赤、茶色或は紫色、緑、黄、白を呈しています。
だいたいの茶葉は一色か二色くらいは普通ですが、東方美人は「五色」が同時存在します。

投稿者 kan 09:29 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

東方美人茶になる原則・着蜒3

CIMG5297.jpg
小緑葉蝉の被害を受けた茶葉が製茶する途中の様子です。

投稿者 kan 05:25 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

東方美人茶になる原則・着蜒2

CIMG5443.jpg
小緑葉蝉の被害を受けた茶葉を摘んだ直後の様子です。

投稿者 kan 05:25 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

東方美人茶になる原則・着蜒

CIMG5162.jpg
東方美人茶の中での専門用語です。

小緑蝉が大量発生したら、茶葉は小緑蝉の被害をうけると茶葉の新芽が曲がってしまいます。
茶樹の上で容易に見比べることが出来ます。

投稿者 kan 05:25 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

東方美人のキーワート・小緑葉蝉

CIMG5181.jpg
真中にある新芽の茎の部分に小緑葉蝉をとまっています。

一番上は一芯二葉です。その二葉から、下へ見ると三葉目のすぐ上のところに小緑葉蝉がとまっています。
どうですか?見えるかしら。本当に小さいすぎますので、写真の取り方をもうと修業しております。設備も出来るなら、頑張ります。
もしくは、誰か写真がうまい人と設備が持っている人を連れて行くしかないですね。
「シュウミ」のある方をご案内します。来年です。

投稿者 kan 04:17 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

東方美人を訪ねて

CIMG5097.jpg

こんなところで迷子になってしまいました。

台湾で迷子になってしまいました事は予想外です。
中国の山奥までにいても迷子にならなかったなのに、台湾で、迷子になるなんで・・・
美人に幻惑されてしまいましたせいかしら。困った自分へのいい訳???
実のところはどうであろうか?無視しましょう。美人に誘惑されたという理由にしましょう。

投稿者 kan 03:41 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

東方美人茶の産地での天候用語・水雲

CIMG5312.jpg

途方美人の地元でこのような雲は「水雲」と呼ばれています。

雲の中で、水分が大量に含んでいる為、もうじき大雨を降るかもしれません。
そのため、もうじき雨が降る兆候として見られています。
事実上はその夕方からバタバタと雨が降り始め、夜中になると凄い大雨に変わりました。
という結果は小緑蝉とのデートが中止になりました。
今思えば、雨も写真をとれば良かったかもしれません。
今更、後の祭りたけど、失敗しました。

投稿者 kan 03:04 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記