2007年04月29日

新昌龍井の産地10

xinchang0150-2.jpg

養一方人

お母さんの後ろ姿を見て、生長した小娘が三歳になりました。
もう立派な茶葉摘みの助手になっています。
すごくきれい好きで、茶畑から帰ってくると、かならず着替えをします。
その為、お父ちゃんはお母さんに洗濯機を買って来ました。

ところで、この子が生まれたばかりのときの様子は2004年4月の写真を見てください。

投稿者 kan 04:04 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

新昌龍井の産地9

xinchang0209-2.jpg

一方水土、養一方茶
その山色、その茶色

投稿者 kan 03:51 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

新昌龍井の産地8

xinchang0207-2.jpg

地方群体種(俗称老茶樹)烏牛早に比べるとやや深い緑です。
今年が茶葉摘みは例年よりも早かった為、烏牛早の茶葉を写真を取り損ねてしまいました。
そうではなければ、写真を並べるとすごくわかりやすいです。
すみませんでした。

投稿者 kan 03:35 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

新昌龍井の産地7

xinchang0169-2.jpg

キラキラとする茶芽

投稿者 kan 03:28 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

新昌龍井の産地6

xinchang0127-2.jpg

かならず、一対に生長する双子茶の芽

投稿者 kan 03:20 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

新昌龍井の産地5

xinchang0171-2.jpg

黄金の収穫

投稿者 kan 03:17 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

新昌龍井の産地4

xinchang0249-2.jpg

写真の右側に有る茶畑は烏牛早の品種です。
3月30日より前にもう特に狩り切っていました。
左側に見える茶樹は地方群体種(在来種)です。

岸辺に近い茶畑にいる時、谷から上昇した白紗のような霧を手に乗せて畳んで持ってかえりたい冲動がします。

投稿者 kan 03:04 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

新昌龍井の産地3

xinchang0147-2.jpg

前の写真の中に写している峡谷の左側にある茶畑です。

この地方で栽培した茶樹は強い日差しと峡谷の谷底から蒸発した大量の水蒸気によって、茶葉摘みは回山鎭の奥にある山間地で栽培した茶樹より、約1週間から10日間くらい早いです。
高地、及び台地の上に植えられている茶樹がいっけん直射日光が強そうで、実は、谷底から蒸発した大量の水蒸気によよる、直射日光から散漫する乱射日光にかえられました。
連続三枚の写真を深く注意すれば、空気中に白紗をかぶらせているようになっています。
3月30日はよいお天気でした。

投稿者 kan 02:17 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

新昌龍井の産地2

xinchang0107-2.JPG

峡谷の両岸に茶樹が植えられています。
この地方にお主な品種は烏牛早、地方群体種(在来種)、白茶(安吉地方からの引種)です。

投稿者 kan 02:07 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

2007年04月28日

新昌龍井の産地1

xinchang0103-2.jpg

新昌龍井の産地はかなり豊かな地形環境と地質のあるところです。

茶樹は深い大山、台地、谷、渓谷、大峡谷のようなどころに植えられています。
このような沢山の地形は狭い範囲の中に集中的に分布されています。
中国はこの地方を国家地質公園に指定しています。
範囲は広くなかったが、かなり難しいところです。
この地方で、もう6年をかけていましたが、なかなか深い大山の中までには辿り着かないです。
新昌龍井の産地の中で澄潭鎭、鏡嶺鎭、鏡屏、双彩、回山鎭当たりの山々で探し回したが、なかなかもっと深い山奥に入れなかったです。残念です。
今写真小野っているのは、地質公園の近辺にある大峡谷に有る産地です。
このような、地質で栽培している茶の味もまた風味が独特です。

投稿者 kan 22:26 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

2007年04月27日

黄山毛峰の産地29

huangshan040701-12-2.JPG

今古茶藉の今年のお茶も、芽が大きかったです。

今年しか出来ない味わいと思います。
来年が要求されても答えられないかもしれません。
これは悪い年の良し悪しというところでしょう。
[天の恵み]

投稿者 kan 14:49 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

黄山毛峰の産地28

huangshan040701-487-2.JPG

このお茶の芽は標準に一番近いといえるかもしれません

投稿者 kan 14:41 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

黄山毛峰の産地26

huangshan040701-476-2.JPG

こちらのほうがもっと大きく感じています。

投稿者 kan 14:41 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

黄山毛峰の産地25

huangshan040701-450-2.JPG

どちらも、大きくなっています。

寒さの続き、急な高温による問題です。
10度前後、急に32度以上になるということです。
村の人によると、黄山は、25日あたりに、山の中では雪が降っていたそうです。

投稿者 kan 14:41 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

黄山毛峰の産地24

huangshan040701-449-2.JPG

黄山毛峰は今年どこも適切の大きさを取れなさそうです。

投稿者 kan 14:41 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

黄山毛峰の産地23

huangshan040701-444-2.JPG

山を下りて、歙県県内に有る茶市場をよって帰ることにしました。

夕方近くなっているので、皆様がまた必死に頑張っています。
何故ならば、大雨の影響で、今日中に茶葉をどうにかしないと・・・大変なことになります。

村の人は設備が整えていない家はここへ持ってくると最終加工をしてもらえます。もちろん有料です。
ここで、最終加工してもらって、そのままここで販売できます。

投稿者 kan 14:32 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

黄山毛峰の産地22

huangshan040701-347-2.JPG

めでたく、生きています。
野茶の生茶が余計美味しく感じます。

心にしみる。

振返ってみると、お茶ってなんだろう?
何お茶を飲みますか?
私はこの一杯のお茶が至福です。特に技法がなくでも。

投稿者 kan 14:24 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

黄山毛峰の産地21

huangshan040701-294-2.JPG

下りましょうかこの山を、下りないと帰れないです。

雨が長く降ると更に崩れ安かなります。
しかも、その他の生き物はこの山野中に沢山潜んでいます。
下手にするとその生き物たちのごちそうになります。

秋になると、猟に来ませんかと誘われています。生きていれば一度こようかなざ〜と今思います。

投稿者 kan 14:15 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

黄山毛峰の産地20

huangshan040701-278-2.JPG

あの斜面は現実として目の前にある時、このような状態です。

投稿者 kan 14:08 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

黄山毛峰の産地19

huangshan040701-297-2.JPG

近く見る野茶の茶畑です。

投稿者 kan 14:06 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

黄山毛峰の産地18

huangshan040701-317-2.JPG

山のそちらに有る野茶の茶畑の斜面から降ります。

『山雨欲来、風満楼』という詩がありますが、こちらは「山雨欲来、風満山」です。
最近体重が増えていることにありがたく思います。

投稿者 kan 13:59 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

黄山毛峰の産地17

huangshan040701-335-2.JPG

あらしはこのようなスビートでふって来ました。

投稿者 kan 13:57 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

黄山毛峰の産地16

huangshan040701-302-2.JPG

眩しいもう一つのカオする野茶。

投稿者 kan 13:52 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

黄山毛峰の産地15

huangshan040701-300-2.JPG

野茶は、この姿です。
波乱万丈を乗り越え、それでも、真直ぐで生きようとします。

投稿者 kan 13:46 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

黄山毛峰の産地14

huangshan040701-117-2.JPG
素直で真直ぐ

投稿者 kan 13:43 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

黄山毛峰の産地13

huangshan040701-94-2.jpg

育てられた茶樹の芽はやはり、気品がいいです。

投稿者 kan 13:38 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

黄山毛峰の産地12

huangshan040701-92-2.jpg

霧が濃すぎます。
雷をなっていて、雨が降りそうです。

今日の茶葉摘みも、これて終わりだ、明日いいお天気が出来るように願います。
どころで、農民がお家に帰られても、私は出来ないです。今日しかないです。

投稿者 kan 13:25 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

黄山毛峰の産地11

huangshan040701-87-2.jpg

この芽はあなたに何を話しかけているでしょうね。

投稿者 kan 13:22 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

黄山毛峰の産地10

huangshan040701-68-2.jpg

その茶葉摘みの村人

投稿者 kan 13:20 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

黄山毛峰の産地9

huangshan040701-67-2.jpg

上を見る

投稿者 kan 13:18 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

黄山毛峰の産地8

huangshan040701-66-2.jpg

下を見て

投稿者 kan 13:17 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

黄山毛峰の産地7

huangshan040701-63-2.jpg

霧につつまれた、きらきらと透明感のある芽、この茶は手入れの出来る範囲に有る茶葉です。

投稿者 kan 13:12 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

黄山毛峰の産地6

huangshan040701-60-2.jpg

山道から向側の山をのぞきます。
きれいだなぁ〜と思います。
足下をみないことにします。

投稿者 kan 13:06 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

黄山毛峰の産地5

huangshan040701-69-2.jpg

産地・山地・慘地

ちょっとしたバランスが崩れると下山は直行便です。

投稿者 kan 12:59 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

黄山毛峰の産地4

huangshan040701-59-2.jpg

くずれやすく、ぎりぎりとした道とは

投稿者 kan 12:54 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

黄山毛峰の産地3

huangshan040701-46-2.jpg

このような、いつ崩れて来てもおかしくない地質のうえで開拓したすれ違うのもぎりぎりの山道で行きます。

投稿者 kan 12:37 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

黄山毛峰の産地2

huangshan040701-50-2.jpg
山村の一角

この村は河をそって人々が建物を建って住んでいます。

投稿者 kan 12:36 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

黄山毛峰の産地1

huangshan040701-40-2.jpg

空け方の6時の天色、霧につつまれて思い続けるあの野茶がすむ山へ

一年ぶりになっているので、どうなっているでしょう。
元気かしら、大丈夫かしら、昨年の秋に旱ばつで、村の人は手前に有る茶畑だけでも精一杯なので、野茶に恵みを分けるわけにはいかないと知っています。
質が良いと言っても、山一面にただの2kgしか量がない、村の人にとって本当に手がおえない茶畑です。だから、放棄しざえるをえないです。このような茶畑は黄山の中で普遍にあることです。
かつ、黄山毛峰の名産地とされる湯口あたりは人力が観光資源にとられて、茶業は副業同然になりつづ、歙県の方が山が深すぎて手が届かない、どちらの理由にして、茶畑が放棄されていることは事実であります。
どこの国ても、どこの人でも、共通の願いは「便利になってほしい」ということかもしれません。
便利に伴って来た沢山の良し悪しについては私の私見では議論できないと思います。
ただ、せっかく十年かけてコミュニケションをとって来た、私の見方にしてくれる黄山にある茶の経営者がいて、めんどくさいと思わずに、あちこちにステキな野茶を探し続けてくれます。本当に幸せです。そして、今年も野茶を飲めることに感謝、感謝。
こういうわけて、沢山の思いを抱えてあの野茶にあいにいく、今年もまた友達を連れて来ていますよ。
アナタを必要とする人が沢山いますよと早く伝えてあげたい気持ちです。

投稿者 kan 11:49 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

中国茶の情報について

当サイトで提供した中国茶に関する茶の情報は今古茶藉が中国で探し続け、付合い続けて、コミュニケションをとり続けて来た茶農及び茶商たち経営している茶の山にある茶畑を前提にしています。
同じ茶産地の中でもっと広い範囲に茶を生産されています。
今古茶藉の茶畑はその中のホンの一部しかすぎないです。
この山、この人、この生活は中国の茶農を代表することが出来ないが、ちょっとの縮影として、参考までにしてください。

ここで提供している写真及び文章は筆者がまとめている論文の一部になっているので、許可なく転用することをご遠慮してください。

投稿者 kan 11:33 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

2007年04月25日

碧螺春茶の産地19

birosyun070313.17.jpg

この手でお茶を作ってもらいました。
手に付着しているのは碧螺春茶のウブゲです。

投稿者 kan 21:25 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

碧螺春の産地18

birosyun070313.23.jpg

その精選した後の葉で作った茶です。
このような茶は副茶と言います。

このお茶を好んで飲む人もいます。
後半のお茶と比べたら、このお茶の方が繊細な味がします。
しかし、見た目がよくないので、商品として販売できません。
農家の人が自分で飲むか人にあげるかしています。

投稿者 kan 21:17 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

碧螺春の産地16

birosyun070313.24.jpg

一回でき上がる量です。

500gの龍井は約4万から5万個の芽が必要です。
碧螺春の500gは約6万個以上の芽がかかります。
更に丁寧に精選した碧螺春は場合によって8万個の芽が必要です。

投稿者 kan 21:12 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

碧螺春の産地15

birosyun070313.18.jpg

出来ました。

投稿者 kan 21:10 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

碧螺春の産地14

birosyun070313.14.jpg

碧螺春はこのような方式で[火共焙]を行います。

投稿者 kan 21:08 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

碧螺春の産地13

birosyun070313.13.jpg

熱による真っ赤になる手

投稿者 kan 21:06 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

碧螺春の産地12

birosyun070313.9.jpg

投稿者 kan 21:05 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

碧螺春の産地11

birosyun070313.7.jpg

形を作る

投稿者 kan 21:04 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

碧螺春の産地10

birosyun070313.3.jpg

素早く殺青する

投稿者 kan 21:02 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

碧螺春の産地9

birosyun070313.1.jpg

製茶開始

投稿者 kan 21:01 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

碧螺春の産地8

birosyun070329.7.jpg

精選した後の芽

投稿者 kan 20:59 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

碧螺春の産地7

birosyun070329.5.jpg

精選する前の芽

投稿者 kan 20:58 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

碧螺春の産地6

birosyun070329.1.jpg

碧螺春の茶樹も接ぎ木法を使用しています。

発芽が悪い生産量が少ない、発芽が遅い老茶樹を根部に近いところまで切って比較的に発芽と綺麗な芽を取れる茶樹を接ぎ木にして上手く茶畑を管理しています。さすがに果物の産地です。
ここの接ぎ木法も鳳凰山の接ぎ木法と異なっています。また別のページで茶樹の接ぎ木を説明します。

投稿者 kan 20:48 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

碧螺春の産地5

birosyun070328.6.jpg

碧螺春の茶樹の根部です

この茶樹の所有者の話に基づくと爺ちゃんの植えた茶樹ではなく、若い時からとくにあった茶樹です。
この茶樹の所有者は今年40歳すぎています。20年ずつ加算して行くとこの茶樹は少なくとも80年になっています。
80年というのに茶樹の幹が以外に細いですね

投稿者 kan 20:31 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

碧螺春の産地4

birosyun070328.10.jpg

茶葉摘みときに芽の日付け順です。

写真の中で一番上部芽の状態から判断すると天気がよければ約一日で悪ければ二日の内に摘みます。
このように順番に茶葉摘みが行われることは何よりも嬉しいことです。茶農にとってはね。
このように順序をたてて進むといいお茶が出来ます。
逆にいえば、いきなり暑気なると、茶葉の生長が早すぎて、摘むも、精選も、製茶も急いでやらないといけないので、どこかミスがでます。例え、火が強かった、煙を防ぐことが甘かった、精選が甘かったなどです。
悪い年とは生産量の減産だけではなく、順序通りに行かない年をさします。
不作も豊作も悪い年と言えるかもしれません。

投稿者 kan 20:04 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

碧螺春の産地3

birosyun070328.7.jpg

光に照らされてきらきらとする新芽です。
注意してみると芽の大きさが揃えています。

このように自然で揃えられる年になると農家にとって、大量の収穫より、嬉しいことです。
何故ならば、
茶樹の上に摘みやすいです。
精選する時に手間が比較的にかかりません。
製茶する時に作りやすいです。
完成する時に品質がたかいです。
販売する時に売りやすいです。
幸せです。
このように、自然で出来ることは一年間の茶畑管理の他、天候も重要な条件です。

投稿者 kan 19:15 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

碧螺春の産地2

birosyun070328.3.jpg

碧螺春茶が標準とする芽です。

投稿者 kan 19:05 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

碧螺春の産地1

birosyun070328.1.jpg

3月の末に入ると碧螺春茶が大量に摘み始めています。
どちらの農家もおお忙しくなります。

この地方では、茶葉摘みは日の出と共に茶葉摘み開始します。
大抵、家族総動員で茶葉を摘んでいます。
親方も一緒に茶葉摘みに出かけます。
午後三時の前に帰って来ます。そこから、茶葉の精選を始めます。
5時ごろから、男性の方は製茶を開始し、女性は火加減を管理します。
夫婦か、親子というペーアで共同労働します。

投稿者 kan 18:52 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

2007年04月23日

廬山雲霧茶の製茶8

rosan050420.2.jpg

このような焙籠です。
次の製茶準備はすてに整えている

投稿者 kan 01:43 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

廬山雲霧茶の製茶7

rosan050420.14.jpg

網付き木枠の上にのせて焙煎する

投稿者 kan 01:34 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

廬山雲霧茶の製茶6

rosan050420.11.jpg

縦揉みによる形を付ける。

投稿者 kan 00:47 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

廬山雲霧茶の製茶5

rosan050420.8.jpg

火加減

投稿者 kan 00:45 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

廬山雲霧茶の製茶4

rosan050420.6.jpg

素早くさ

投稿者 kan 00:43 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

廬山雲霧茶の製茶3

rosan050420.5.jpg

素早く

投稿者 kan 00:41 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

廬山雲霧茶の製茶2

rosan050420.3.jpg


鍋の温度は100度を超えると始まる。

投稿者 kan 00:36 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

廬山雲霧茶の製茶1

rosan050420.1.jpg

一鍋茶
製茶するにあたって一回の量

投稿者 kan 00:33 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

廬山雲霧茶の産地8

rosan070407.10.jpg

野茶の芽

投稿者 kan 00:31 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

廬山雲霧茶の産地7

rosan070407.8.jpg

廬山はあちこちこのような野茶が沢山あります。

投稿者 kan 00:28 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

廬山雲霧茶の産地6

rosan070407.12.jpg

一年をかけた努力の結果

投稿者 kan 00:25 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

廬山雲霧茶の産地5

rosan070406.8.jpg

桜が満開の季節に茶葉摘み開始

投稿者 kan 00:21 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

廬山雲霧茶の産地4

rosan070406.13.jpg

茶樹の根部の状態です。

投稿者 kan 00:18 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

廬山雲霧茶の産地3

rosan070407.4.jpg


廬山雲霧茶は標準とする芽の形です。俗称蘭花形です。

投稿者 kan 00:12 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

廬山雲霧茶の産地2

rosan070407.11.jpg

茶畑の環境

投稿者 kan 00:09 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

廬山雲霧茶の産地1

rosan070407.13.jpg

廬山の山々、U字谷の氷川遺跡の上に有る茶畑

投稿者 kan 00:06 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

2007年04月19日

太平猴魁の産地13

CIMG9453.JPG

完成品です。

投稿者 kan 14:08 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

太平猴魁の産地12

CIMG9448.JPG

標準摘みの生葉です。

投稿者 kan 14:05 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

太平猴魁の産地11

CIMG9379.JPG

更に一つにまとめて仕上げの焙煎をします。

投稿者 kan 14:02 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

太平猴魁の産地10

CIMG9428.JPG

その焙る火の加減です。

投稿者 kan 13:59 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

太平猴魁の産地9

CIMG9420.JPG

このような木箱で軽く焙って、形を付けます。

投稿者 kan 13:56 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

太平猴魁の産地8

CIMG9415.JPG

ローラで押しつぶします。

投稿者 kan 13:53 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

太平猴魁の産地7

CIMG9406.JPG

茶葉を網の上に並べます。

投稿者 kan 13:50 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

太平猴魁の産地6

CIMG9382.JPG

一回炒る茶葉の量

投稿者 kan 13:47 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

太平猴魁の産地5

CIMG9458.JPG

その製茶風景

投稿者 kan 13:44 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

太平猴魁の産地4

CIMG9343.JPG

太平猴魁の茶樹品種は柿大種です。

投稿者 kan 13:38 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

太平猴魁の産地3

CIMG9301.JPG

このよう急斜面でお茶を栽培しています。

投稿者 kan 13:36 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

太平猴魁の産地2

CIMG9271.JPG

更にこの山道で1時間より

投稿者 kan 13:32 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記

太平猴魁の産地1

CIMG9573.JPG

船で約40分

投稿者 kan 13:28 | このページへ | 茶葉産地を訪ねる日記