2007年04月28日

新昌龍井の産地1

xinchang0103-2.jpg

新昌龍井の産地はかなり豊かな地形環境と地質のあるところです。

茶樹は深い大山、台地、谷、渓谷、大峡谷のようなどころに植えられています。
このような沢山の地形は狭い範囲の中に集中的に分布されています。
中国はこの地方を国家地質公園に指定しています。
範囲は広くなかったが、かなり難しいところです。
この地方で、もう6年をかけていましたが、なかなか深い大山の中までには辿り着かないです。
新昌龍井の産地の中で澄潭鎭、鏡嶺鎭、鏡屏、双彩、回山鎭当たりの山々で探し回したが、なかなかもっと深い山奥に入れなかったです。残念です。
今写真小野っているのは、地質公園の近辺にある大峡谷に有る産地です。
このような、地質で栽培している茶の味もまた風味が独特です。

投稿者 kan 2007年04月28日 22:26 | 茶葉産地を訪ねる日記