2007年04月29日

新昌龍井の産地3

xinchang0147-2.jpg

前の写真の中に写している峡谷の左側にある茶畑です。

この地方で栽培した茶樹は強い日差しと峡谷の谷底から蒸発した大量の水蒸気によって、茶葉摘みは回山鎭の奥にある山間地で栽培した茶樹より、約1週間から10日間くらい早いです。
高地、及び台地の上に植えられている茶樹がいっけん直射日光が強そうで、実は、谷底から蒸発した大量の水蒸気によよる、直射日光から散漫する乱射日光にかえられました。
連続三枚の写真を深く注意すれば、空気中に白紗をかぶらせているようになっています。
3月30日はよいお天気でした。

投稿者 kan 2007年04月29日 02:17 | 茶葉産地を訪ねる日記