2007年04月25日

碧螺春の産地3

birosyun070328.7.jpg

光に照らされてきらきらとする新芽です。
注意してみると芽の大きさが揃えています。

このように自然で揃えられる年になると農家にとって、大量の収穫より、嬉しいことです。
何故ならば、
茶樹の上に摘みやすいです。
精選する時に手間が比較的にかかりません。
製茶する時に作りやすいです。
完成する時に品質がたかいです。
販売する時に売りやすいです。
幸せです。
このように、自然で出来ることは一年間の茶畑管理の他、天候も重要な条件です。

投稿者 kan 2007年04月25日 19:15 | 茶葉産地を訪ねる日記