2007年04月25日

碧螺春の産地4

birosyun070328.10.jpg

茶葉摘みときに芽の日付け順です。

写真の中で一番上部芽の状態から判断すると天気がよければ約一日で悪ければ二日の内に摘みます。
このように順番に茶葉摘みが行われることは何よりも嬉しいことです。茶農にとってはね。
このように順序をたてて進むといいお茶が出来ます。
逆にいえば、いきなり暑気なると、茶葉の生長が早すぎて、摘むも、精選も、製茶も急いでやらないといけないので、どこかミスがでます。例え、火が強かった、煙を防ぐことが甘かった、精選が甘かったなどです。
悪い年とは生産量の減産だけではなく、順序通りに行かない年をさします。
不作も豊作も悪い年と言えるかもしれません。

投稿者 kan 2007年04月25日 20:04 | 茶葉産地を訪ねる日記