2007年04月27日

黄山毛峰の産地22

huangshan040701-347-2.JPG

めでたく、生きています。
野茶の生茶が余計美味しく感じます。

心にしみる。

振返ってみると、お茶ってなんだろう?
何お茶を飲みますか?
私はこの一杯のお茶が至福です。特に技法がなくでも。

投稿者 kan 2007年04月27日 14:24 | 茶葉産地を訪ねる日記