2008年03月24日

春の新茶・その旅

3月中国に来て以来
下記のとおりに動いています。

3月5日
日本→上海
上海泊
中亜飯店
上海お茶市場
一時性に使用する缶を探すと今後、長期間で使用する缶の打ち合わせ。

3月6日上海→杭州
杭州泊
獅峰山から九渓経由龍井村を渡って、梅家塢まで、龍井の茶畑の状態を観察した。
夕方は○茶館の緑園店でごろごろし、厖さんと一緒に雲南にいくの準備をする。

半年くらい、山登っていなかったため、定例の足痛いは一週間ほど続きました。
3月7日杭州→昆明
昆明泊(雲南農大の近くにあるホテル)
農大の周先生に普アール茶の事を教えていただきました。
3月8日昆明泊
3月9日昆明→西双版納
西双版納泊
過渡期の古茶樹林の状態を観察します。
3月10日西双版納
西双版納泊
3月11日西双版納→昆明→杭州
杭州泊(浙工飯店)
3月12日杭州
杭州泊
午前中、梅家塢の茶畑に訪問した。
昼、凬吹さんが東京
に戻る。
午後、○茶館でごろごろし、次の日に福鼎へいく準備と手配をします。

3月13日杭州→福鼎
福鼎泊(民宿)

3月14日福鼎→温州
温州泊(半島公寓飯店)
福建省の東北にある地方群体種で作った天日干し紅茶を作ってくれるところを訪問し、十年間探し続けた紅茶の原型がようやく手には入れるかもしれません。
注文はしたが、後は出来上がるしたいです。
うまくいくか不安がいっぱいです。
99%の努力に天に1%の未知が残ります。
待つしかないです。

3月15日温州→杭州
杭州泊

3月16日杭州
杭州泊

3月17日杭州
杭州泊

3月18日杭州→新昌→杭州
杭州泊

3月19日杭州→上海→蘇州→東山
東山泊
3月20日
東山→杭州
杭州泊
お茶が本格的に摘み始まる
3月21日
杭州
3月22日杭州
3月23日杭州
3月24日杭州

投稿者 kan 2008年03月24日 11:14 | 茶葉産地を訪ねる日記