2010年02月04日

龍井茶畑の今

CIMG2068.JPG

今古茶藉の龍井茶畑の向い側の茶畑です。

この茶畑の上部にある丸いまんじゅう形をしている茶樹の群れは地元では老茶樹とよんでいます。学術界では地方群体種といいます。日本では在来種といいます。
昔と現在の茶樹の植え方が異なるために遠くからも一目で見分けることが出来ます。
下のほうに一列になっているのは最近(10年から20年くらい前まで)に植えた茶樹です。
最近植えた茶樹のほとんどは龍井43号という茶樹です。
龍井43号は中国農業科学院茶葉研究所が研究開発した茶樹の品種で、1987年正式に登録した優良品種です。登録番号は「GS 13007-1987」です。
無性繁殖形(挿し木栽培法)で、潅木形、中葉類、茶葉の色はやや黄色よりの緑色です。
それ故、初夏の龍井茶畑は遠くからみると清々しさを感じます。

投稿者 kan 2010年02月04日 20:48 | 茶葉の一年